日焼け止めについて

夏は日焼けがきになりますね。
シミを気にする方には特に・・・!

日差しは一年を通してあるのですが、特にその強さを感じるのは夏です。
日焼けは「シミ」「そばかす」といった嬉しくないものを作り出してしまいますね。

日焼け止めはお店にいくとたくさんありますが、どれがいいんでしょう。
買うときに迷ってしまいますよね・・・

夏になるまえ、3月くらいには紫外線は強くなっています。
暑い真夏のほうが強く感じるかもしれませんが、実は春先の方が紫外線が強いと言われています。
なので、日焼け止めは春から使うべきなんですね。

日焼け止めには成分に油分が入っています。
化粧品には油分が入っているのが普通で、日焼け止めも例外ではありません。

油は肌へ負担をかけ、つけたままにしていると酸化してしまいます。
古い油を放置しておくと酸化することと同じです。
なので、使い方には注意居ないといけません。

日焼け止めを塗ったらその日に綺麗に洗い流すことが大事なんですね。
肌のダメージをできるだけ少なくするためです。

日焼けは肌への負担がかなり大きいのです。
「皮膚がん」は紫外線が原因の一つといわれていますよね。

日焼け止めもいいことばかりじゃありませんが、日焼けもいいことばかりじゃありません。
自分の肌の状態と相談して、いいところで折り合うのが大事だと思います。
顔のシミ取るには

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ